読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードゲーム雑記

シャドウバースとかヴァンガードとか書きます

オズの魔法使い

ファミ通カップ0回戦に負けました。昨年のRAGEに続いて2戦連続0回戦落ちです。ただの負け犬です。こんにちはクロウです。

 

暫くはシャドバの大きい大会もなさそうなのでランクマで今暴れてるドロシーウィッチについてでも書こうと思います。

 

ちなみにドロシーは僕もファミ通カップで使う予定でした。

 

 

f:id:shadba:20170120231105p:image

 

こちらがファミ通カップで使おうとしてたレシピです。

 

ほぼほぼ今のテンプレです。選択枠としては虹の輝きをディザスターウィッチに変えるか氷像の召喚に変えるかだとは思います。というかランクマッチを見るのであればそれで充分だとは思います。

 

 

 

前置きはさておき各採用理由から書きます

 

知恵の光

1コス1ドローカードですね。前々からウィッチを使っていた方なら分かると思いますがこのカードは1コストでスペルブーストをしつつ手札入れ替えができるカードと同義です。明らかにウィッチにおいて強い札なので3枚

 

レヴィ

前環境で突如現れた最強じいさん。進化権を吐くとはいえさすがに1コストのデモンストライクを手札に加えるのは強すぎみたいなとこありますね。今回はバハムート降臨で追加されたルーンの貫きとの高い親和性により後手で盤面が負けていてもレヴィ、紅蓮の魔術、ルーンで3面返すことが可能になりましたね。進化は基本こいつに吐きたいのと1ゲームで2回は握りたい場面があるので3枚

 

クレイヴ

フォロワー専用ですが2回スペブできます。スタッツも合格点。すごいつよい?と聞かれると疑問が残りますがドロシー加速に加え臨機応変に使えるので3枚

 

ゴーレムの錬成

ンゴゴー。スペブしながらフォロワー置きます。やはり3枚。

 

マジックミサイル

顔でもフォロワーでも1点与えて1ドロープラススペブ。エルフやヴァンパイア相手には確実に打ちたいです。それ以外の相手でも基本的に3回打ちたいのでやはり3枚

 

虹の輝き

 

選択枠です。僕が今回このカードを採用したのは責めというよりも時間稼ぎの意味を込めてます。具体的には終盤のリーサル間近のユニコを返したい場面が圧倒的に多かったので手札に返せるこのカードを選びました。また虹の輝きであれば序盤からも自然に打てるタイミングはあるのでディザスターウィッチよりも対応力があると感じたので採用してます。1ゲーム中に使えたらいいな程度のカードなので1枚

 

エミル

0こすでクレイゴーレムになれます。あとかわいい。

 

クラーク

このデッキにおいてドロシーに劣らないレベルの壊れカード。フォロワーだけとはいえさすがに手札全体にスペブ2回を1枚でやれるのは破格のスペック。スタッツもケツが高いのがトレードしやすいのも〇

文句なしの3枚

 

デモンストライク

見えない3点で相手を殺せ

 

ルーンの貫き

前述したレヴィとの非常に高い親和性により多くのプレイヤーにヘイトを貯めているであろうカード。何故か2点バーンが入るのはほんとに謎。最強スペルなので3枚。毎試合引きたいですね。

 

死の舞踏

さらば高スタッツ守護

 

ゲイザー

このカードはコストが5なので後述するドロシーから引っ張ってくると0コスゴリアテになります。複数引き込めばかなり硬い盤面を作ることができます。ドロシーから引き込みたいのもあいまり3枚

 

刃の魔術師

疾走ってテキストつよいですよね。スタッツ弱めですがスペブで下がるのでむしろ強いまであります。毎試合使うためやはり3枚

 

ドロシー

 

このデッキの至高にして唯一無二のぶっ壊れカードテキスト全てが強くこのカードを軸にしてデッキを組むだけのパワーをこのカードは秘めてます。最速4ターンで出てくる上に9コスト以上でハンドが薄い時にトップ引きをしても全てのアドバンテージをひっくり返してくれます。

メインであり毎試合使いたい。早めに引き込みたいため3枚。

 

基本の立ち回り

 

マリガンは基本的にはスペブできるフォロワー+スペルもしくはスペブ加速フォロワーを探します。後手の場合レヴィ+ルーンをキープするのもありですね

 

またドロシー探すために全マリガンするのも間違いではなくむしろそちらが正解のケースも多々あるので初めて回すよーって方はそっちの方がいいかもしれないです。

 

序盤

 

知恵の光はスペブできるフォロワーがある時のみ1ターン目に打ちます。

 

2ターン目は手札によってクレイヴ投げるかゴーレム投げるか1ターン目で知恵の光を打っていた場合はエミルを投げてください

 

3ターン目はクラークを手札によって投げるか別のスペルを打つかの選択だと思います。

 

4ターン目以降はレヴィ、ルーン、死の舞踏等を駆使して盤面を取りつつバーンダメージでライフを削って行きましょう。もしこのターンにドロシー投げれたらほぼ勝ち確なので後は適当に殴ってください。

 

負け筋

 

このデッキにも負け筋は勿論存在します。

代表的なのは相手に先に盤面を取られこちらが処理に回ってしまうケースです。

 

今の環境だとOTKエルフやアグロヴァンプがそれに当たります。処理しているうちにいつの間にかリノセウスやヴァンパイアのバーンダメージで殺されることがよくあります。

 

つまりドロシーウィッチにヘイトを貯めている方は先に盤面を取ってしまい有利な盤面を作り得って事ですね。ドロシーウィッチには基本的に全体除去が入っていないうえに既存のウィッチのプールの全体除去はファイヤーチェイン(笑)しか存在しないので盤面を取ってしまいドロシー側に処理を押し付けてしまえば勝率は上がるかと思います。

 

 

 

 

 

長くなったのでここで終わります。

 

春にRAGEがまたあるらしいのでそっちは当選する事を信じてシャドバやります( ˘ω˘ )