読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードゲーム雑記

シャドウバースとかヴァンガードとか書きます

月末ナーフについての所感

世間ではSAOの映画が公開しましたね。

僕はまだ見てないのでとりあえず直葉ちゃんのかわいい姿を拝みに行こうと思います。

 

こんにちは。くろうです

 

先日突然今月末に大幅なアップデートがある事が告知されましたね。アップデート内容は様々ありましたが今回はユーザーが最も気にしているであろうルーンの貫きとミニゴブリンメイジのナーフについての所感をざっくりと書こうと思います。

 

まずはルーンの貫きの変更後のテキスト

スペル 4PP

相手のフォロワーとリーダーに2ダメージを与える。

自分のフォロワーが進化した時にこのカードのPPを4から2に下げる

 

上のテキストは特に変更点はありませんでしたが大きな変更点としては下のテキストでこの変更によりテンポウィッチ(ドロシーウィッチ)の最強ムーヴであるレヴィ進化からの3面除去が後攻4ターン目で返すことが不可能になりました。

 

これにより脳死で手札の札を叩きつけてくるアグロ系統のデッキやミラーでの盤面の返し方がかなり辛くなることが予想されますが腐ってもルーンの貫きというカードがパワーカードであることは間違いなくこれまでと同様にドロシーウィッチには自然と積まれるカードだとは思います。

 

このカードのナーフで1番被害を受けたのは実は超越ウィッチであり後攻4ターン目のマーリン進化からのルーンの貫きでの盤面処理が不可能になった事によりただでさえアグロ系統のデッキに耐性が無い超越ウィッチの弱点はのケア方法が消えてしまいました。

 

以上の事から上記2つの代表的なウィッチのデッキは実質弱体化したとは言えるでしょう。ですがドロシーウィッチに関して言えばスペルブーストによるコスト踏み倒しからの理不尽な盤面展開、ドロシーによるリソース回復は健在であり以前までと同様にトップシェアを誇ると思います。

 

次にミニゴブリンメイジのナーフ後テキスト

フォロワー  3PP 2/2

ファンファーレ

デッキに含まれている2コスト以下のフォロワーをランダムに手札に加える

 

このカードのナーフによりミニゴブリンメイジだけでなくこのカードを進化時に0コストとして手札に加えるフィーナも弱体化を受けOTKエルフと呼ばれるリノセウスによるワンショットキルデッキは事実上構築不能になりました。

正確には2コスト以下のフォロワーをリノセウスのみに絞れば構築は出来ると思いますがそのような構築をした所で他のエルフデッキやアグロ系統のデッキの下位互換でしかないため組む意味は薄いと思います。

 

ですがミニゴブリンメイジ、フィーナの汎用性は非常に高く今後はコントロール系統のデッキや1コストにフォロワーが入らず2コストのフォロワーがかなり厚いデッキやアグロネクロ、アグロヴァンパイア等の1コストのフォロワーを引っ張っても問題ないデッキには自然と入れることができると思われるため選択肢が広くなったカードと考えればなかなか良い調整だったのかなとは思います。

 

今回のナーフの総括

 

個人的に次にナーフされるとしたらレヴィ、レヴィから引っ張れる紅蓮の魔術、ルーンの貫き、リノセウス、自然の導きだと思っていたのですが僕の予想はルーンの貫きのみで他は外れてましたねw

 

ですがよくよく考えてみればミニゴブリンメイジもかなり悪用されるカードでしたがこれだけOTKエルフが環境荒らしているとリノセウスか打点底上げの導きと考えていた僕が浅はかでした。

 

今回の2枚のナーフはなかなか良い変更だったと思います。

 

なんか来月はニコ生で新弾のカードも公開されるらしいのでまだまだシャドーバース楽しめそうですね。